スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水曜日の神さま / 角田光代 著

作家・角田光代氏の海外旅行に関するエッセイ集。

水曜日の神さま / 幻戯書房 / 角田光代 著

⇒ Amazon.co.jp で詳細を見る

普段、エッセイは読まないが、著者の角田光代氏は好きな作家の一人ということもあり、何となく手に取り、読んだ本である。彼女は、30ヶ国以上の国に旅行経験があるほど旅行好きな人間である。その彼女がどんな旅行観を持っていて、それが自身の小説にどう反映されているのかを知りたかったことも、この本を手に取った理由の一つである。

本書の『運命の旅』というエッセイの中で、旅について、次のように述べられている。

人生を変えてしまう読書というものがあると私は思っている。
それを読んだときの年齢や心持ちや環境など、自分ではあずかり知らぬことながらあらゆる条件が揃ったときに、ある本を読む。ものすごい出合いかたをしてしまう。その後のことが、がらりと変わってしまう。そういう本との出合いは、たしかにある。
それとまったくおんなじに、旅にもそういうことがある。そのとき、その瞬間、その年齢、その季節、その行き先、その日程、その経路で旅をすることによって、その後の人生が変わってしまう。そのくらい強烈な、運命の旅とでも呼びたくなるものが、人生に一度ある。本ならば年齢の節目によって幾度も体験できるが、旅の場合は一回こっきりだ。私は前々からそんなふうに思っている。私のなかでほとんどそれは真理である。
私の場合は二十四歳の旅がそれだった。行き先はタイ、一カ月半かけてタイ国内だけをまわった。その旅をしていなければ、私は今、まったく違った人間だっただろうと思う。価値観や趣味趣向はもちろん、書いている小説も違ったはずだ。 (中略) 運命の旅というたった一枚きりのカードを、私はすでに使ってしまったと実感している。だから、旅先で、そうと気づかず運命の旅をしている人に会うと、心底うらやましくなる。その人の、これから大きく変わっていくだろう人生に、人ごとながらわくわくしてしまうのだ。

角田氏が旅に対して特別な気持ちを抱いていることがよくわかる。旅先の人々や自然の描写がとても上手いので、特に旅行を趣味としていない私でも、いつか海外旅行に行ってみたいと思わせてくれるエッセイだった。

本書は、とても読みやすく、すぐに読み終えることができるだろう。あまりにすらすらと読めてしまうため、物足りないと感じる人がいるかもしれない。特に彼女の小説を読んだ後の読後感のようなものを期待している人は、読み終えた後に何も残らなかったと感じることがあるかもしれない。感覚的に言うと、本書は、仕事を終えて、『明日から休みだ。ゆっくりしよう』という気分で、休日を迎え早い段階で読むと、残りの休暇をなんとなく贅沢に過ごすことができそうなエッセイ集である。例えば、平日5日間の仕事を終え、土日の2日間を休日とすると、土曜日の午前中に本書を読むと、良いかもしれない。このエッセイ集には、旅行記以外にも、角田氏の母親や父親のこと、食べ物や日常生活に関するエッセイが収められており、ところどころ彼女の人となりを感じることができる。それが彼女の作品にどのような形で反映されているかを想像するのも、面白いだろう。海外旅行の魅力を知りたい人で、彼女の小説が好きな人は読んでみるとよいだろう。


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

«  | ホーム |  »

プロフィール

endurance09

Author:endurance09

主にノンフィクション系(ビジネス、科学、ドキュメンタリー)を読みます。小説も読みます。たまに映画も見ます。

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ビジネス (5)
科学 (1)
ドキュメンタリー (4)
ドキュメンタリー小説 (2)
小説 (1)
エッセイ (1)
未分類 (0)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。