スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイタンの妖女 / カート・ヴォネガット・ジュニア 著 / 浅倉久志 訳

著者のヴォネガット氏の愛情に満ちたSF小説。
主人公のコンスタントを含む大勢の人間が、宇宙の彼方の星にいる者たちの意志によって、ある目的のために地球から太陽系の星々に流浪させられる。彼らは自分たちが操作されているとは知らずに、予定通りに起こる出来事に翻弄されて生きている。コンスタントほどではないが、すべての人類がそのように生きている。その様は意識的に生きているのか、無意識的に生きているのか、判別することが難しい。コンスタントら数人は、紆余曲折を経て、最後の終着地である土星の衛星・タイタンにたどり着く。(略)

タイタンの妖女 / 早川書房 / カート・ヴォネガット・ジュニア 著 / 浅倉久志 訳

⇒ Amazon.co.jp で詳細を見る

本書は、お笑い芸人の太田光氏がテレビで薦めていたことがあったので、興味を持った作品である。太田光氏は、この本に大変感銘を受け、自身が設立した事務所にタイタンと名付けたほどである。

本書は、SF小説の中でも、かなり荒唐無稽な物語の小説である。現実感のある小説を好む私にとっては、初めのうちは、読み進めるのが辛いところもあった。しかし、読み進めていくうちに、じょじょに物語に引き込まれていった。読み終えたときに感じたことは、作中、著者のヴォネガット氏の視線が一貫して優しかったように感じたことだ。大勢の人間が抗うことのできない出来事に翻弄される物語だが、その登場人物に対して著者は優しい視線を向けながら、この作品を書いていたのではないかと思った。著者の優しさや愛情が静かに伝わってくるような作品だった。

以下、ネタバレが含まれる内容を記述する。気になる人は読まないでください。

以下、印象に残ったところを抜粋。

≪晩年になり、老女が人生の様々な場面で関わり自分を振り回してきたコンスタントに対して、次のような言葉を吐く≫

『だれにとってもいちばん不幸なことがあるとしたら・・・それはだれにもなにごとにも利用されないことである。・・・わたしを利用してくれてありがとう。たとえ、わたしが利用されたがらなかったにしても。』

モノは利用されることによって、初めてモノに何らかの意味が生まれる。人が生きることも同じである。生きている時間を何かのために使おうとすることによって、人生に意味が生まれる。人との関わり合いも同じである。利用されたり利用することによって、自分にあるいは他者に意味が生まれる。そのように考えたとき、自分と関わる人たちに対して、普段とは違った気持ちを抱くことがある。自分と同じように利用されたり利用する存在である他者に対して、慈しみを抱き、優しい気持ちになれる。老女の言葉は、そんな気持ちにさせてくれる。

本書を読み終えたとき、きっと生きることや自由意思について、思慮をめぐらすことになるだろう。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://endurance09.blog108.fc2.com/tb.php/14-5fe4cbf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

endurance09

Author:endurance09

主にノンフィクション系(ビジネス、科学、ドキュメンタリー)を読みます。小説も読みます。たまに映画も見ます。

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ビジネス (5)
科学 (1)
ドキュメンタリー (4)
ドキュメンタリー小説 (2)
小説 (1)
エッセイ (1)
未分類 (0)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。